ブログトップ

Keep on Groovin!

chiducks.exblog.jp

Bassist チダ ダイスケ(from ともこ一角、Natural Records)のOfficial Blog

カテゴリ:my instrument( 2 )

c0128573_23101496.jpg
■ Emanuel Wilfer (エマニュエル・ウィルファー)

[PU] FISHMAN FULL CIRCLE

1991年位に製造されたおれがメインで使っている。ドイツ製のコントラバス。

ヨーロッパサイズ3/4の標準でラウンドバック。
音は弾き初めは少し音が硬いのですが、しばらく弾き続けると突然エンジンがかかったように音が激変、ボディ全体が鳴り出し無駄な高域が減り、中域が充実。そして本領発揮「覚醒」します。
覚醒した時のこいつの音色は甘くて、且つ力強く、とても魅力的でたまんないっす。
最近は購入した時よりも更に覚醒するまでの時間は年々短くなって来ている様に感じますね。
もっと弾いていけばまだまだ鳴りそうなのがすごいところ、そう、まだ成長してます。
ピックアップはフィッシュマンのフルサークルという駒のアジャスターに内臓するタイプを使用。
このピックアップもアルコとピッチカートが自然なバランスでひろえて、音も良く、音量もある程度上げることが出来るのでとてもお気に入りです。
そして、更にセッティング次第ではBoss GE-7Bという旧式のイコライザーを駆使して、ドラムに負けない位の音量をフィードバックする事無くアンプから出すことができます。

c0128573_2592640.jpg
■ YAMAHA / サイレントベースSLB200

2011年の4月位に購入してから、おれのライブ活動で大活躍。すでに無くてはならない存在になってしまっています。

エレクトリックアップライトの中でも比較的コントラバスと試奏の上で違和感が無いやつを選んだつもりですが、ボディ本体鳴りが無いというのと、そのボディを利用してのコントロールが出来ないのである程度慣れが必要だったのですが、やはりコントラバスとはやはり似て非なるものだとは思いますが、コントラバスには無いエレクトリックアップライト独特のロングサスティンや、弾きやすさ、持ち運びの便利さ等でかなり気に入って使用してます。

デフォでついてるYAMAHAのピックアップもファットでかなり良い音色で、少人数の音の少ないバンド編成なんかでは、とても良いのですが、ドラムがガツンと入るバンドでは埋もれてしまいがちなので、コントラバス用のFUSHMANのBP-100ピックアップを取り付けて、足元のブレンダーで混ぜて出力、その組み合わせによりどんな編成でも音は抜けるようになりました。




c0128573_010669.jpg
■ Shergold /Modulator 4

今や、おれの相棒となっている世間ではあまり見ないロンドン製の謎のベース。
少し小さめボディでネックがしっかりしてて弾きやすいお気に入りの一本。
数年前、西荻窪にあるグランブルーというスタジオにコントラバスの練習をしに通っていた時、仲良くなった当時の店長さんに突然「とあるベースがあるんだけど良かったら弾いてみない?」的な事を言われ、試しに弾かせて貰ったのが始まり。
音はシングルコイルなのでプレベに近く、且つ極太。
レスポンスも速く、E弦を弾いた時にはバコーンと出てくれます。
気がついたら店長さんへガチでお願いし譲って貰ってました。笑
ボディの中は空洞のいわゆる、ホロウボディ。
その為なのか、プレベがボン!ボン!な音としたら、ゴゴゴゴ!と言ったゴツイ音が出ます。
そしてこいつは弦の好き嫌いが激しく、ステンレスやニッケルの張り立てのシャリシャリなブライト弦なんかはぜんぜん受け入れてもらえず、死んでしまったニッケルや、フラットワウンドを好みます。
オールマイティかと言われればそうでもないかもしれないのですが、バンドでは個性を出して何ぼだろ!と思うので、Natural Recordsではほぼこれメインで使ってます。


c0128573_0431618.jpg
■ Jiraud / Mobius

東京に上京し、一番初めに買ったベース。
当時音もあまり良くわからく、このボディの艶消し感のあるルックスに惹かれて購入しました。
現在元々着いていたアクティブサーキットがすごくギラギラしすぎてて、だんだん好みと違ってきたので、今は取り外し、NORDSTRANDというパッシブピックアップを載せています。
少しギラギラ感は納まったのですが、それでもメイプルやライトアッシュといった材質もあってかまだまだ元気いっぱいのブライトな音がします。
音抜けはとても良く、中々の評判。
一番高い音程がEなのも嬉しいポイント。
ちなみにルックスが良いと大切にするからルックスもかなり大事ってチャックレイニーも雑誌で言ってました。
[PR]
by chiducks | 2011-08-17 03:52 | my instrument
c0128573_2322967.jpg

・ElectricBass、サイレントベース使用時
左上から反時計回りに
HUMP/BACK DI
FISHMAN PRO EQ PLATINUM BASS 
HUMP/BACK Custom Volume Pedal (BOSS / FV-50L)
KORG チューナーDT-10
HUMP/BACK LINEブレンダー
パワーサプライ
松脂 Samuel Kolstein (コルスタイン) 
[PR]
by chiducks | 2011-08-17 02:55 | my instrument